クルマ(自家用車)のページ




2016年度

■ダイハツ:アトレーワゴン  9

 内容:助手席側もドライブシャフト・ダストブーツを交換しました。

【日付】12月18日
【部品・消耗品】
【費用】
【内容】



◎サス交換時に行いました。ドライブシャフトを抜き取りました。勘合部分が中々外れず、冷や汗ものでした。



◎折角ですので、インアウト共に新品に交換しました。



◎コチラは、フロント・ディファレンシャルです。ドラシャ取外し時に、ギヤオイルが大分抜け出てしまったため、補充しました。

29

◎一応、リアのブレーキ・シューも確認しました。



■ダイハツ:アトレーワゴン  8

 内容:ワイパー交換を行いました。

【日付】12月14日
【部品・消耗品】
【費用】
【内容】



◎とても分かり辛いのですが、フラットワイパーに交換して見ました。エアロワイパーとも呼ぶらしいです。ブレード+ラバーは送料込みで、1300円位でした。



◎ワイパーアームの形状に合わせ、ワイパーブレードをチョイスできます。従来のワイパーブレードは、4〜6個所の点接点(押さえ支点)ですが、フラットワイパーは全面が均等に接触するため、劣化してもスジがでにくいらしいです。



◎全体的にテキトウ(チャチイ、安っぽい)な造りで、驚きました。陽に当たっているうちにフレームが劣化し、そのうち破損すると思います。ですが、良く拭き取れるのにも驚きました。次回は、もっと高価でちゃんとした製品をチョイスして見ます。



■ダイハツ:アトレーワゴン  7

 内容:リアサスを“ESPELIR社製”に戻しました。

【日付】11月24日
【部品・消耗品】
【費用】
【内容】



◎先日交換したばかりのTEIN社製リアサスをESPELIR社製リアサスに戻しました。スプリング全長が短か過ぎで、街乗りには不向きです。



◎ちょっとした段差でも、バンプラバーがアクスルに突いちゃってどうしようもないです。同製品をご購入の皆さま、多分、同じ感想をお持ちかと。セッティングは、純正-50mmでした。コレじゃ〜、ミニボートを積載したらお話になりましぇんねェ…



◎実際にスプリングとバンプラバーを取り外し、シャシをリジットジャッキスタンドで支え、アクスルをジャッキアップして見ました。結果、アクスルがシャシに接触する前にショックアブソーバーが底つきしました。この実験から、TEIN社製のリアサス(車高調キット)を取り付け、バンプラバーを取り外したら、ショックアブソーバーのアッパー軸は折損し、無残にもフェンダーハウスを突き破る可能性が出て来ることが分かりました。皆さまご注意くだされ。純正バンプラバーの半切りまでは問題ありませんが、取り外しは絶対しない方が無難ですよ。アクスルとバンプラバーの接触が気になる場合は、付属スペーサーを15mm挿入しても殆ど無意味です。スプリングをノーマルに戻すか、別のローダウンスプリングに交換した方が間違いなさそうです。それからもうひとつ。TEIN社製のリアショックアブソーバーは、復筒式で純正ショックアブソーバーより太めになっていますので、ボトム側のオフセット方向を間違えてセッティングすると、スプリングに干渉する恐れがあります。



■ダイハツ:アトレーワゴン  6

 内容:TEIN社製車高調キットに交換です。

【日付】11月18日
【部品・消耗品】
【費用】¥63,180
【内容】



◎こちらは、フロントです。メーカー推奨高さは、純正-35mmでした。で、純正-45mmにセットしました。4年前に“ESPELIR”のローダウンサスに交換しましたが、更に落ちた感じです。



◎次はリアです。バンプラバーをカットしました。メーカー推奨高さは、純正-40mmでした。純正-50mmにセットしました。コレで光軸は、OKでしょう。



◎運転席側のショックアブソーバーが固着し、中々外れずに参りました…5-56を吹き付けなかったら、壊れるまで外れなかったカモ。



◎“ESPELIR”のローダウンサスより、かなり落ちました。



◎全体は、こんな感じです。段差があると、リアはガツガツうるさいです。高速時は落ち着いた感じですが、細かい段差を拾う感じです。TEIN社製車高調キットのショックアブソーバーは復筒式ですので、低速時は車体が左右に振れる感じがします。純正ショックアブソーバー+“ESPELIRローダウンサス”に比べ、タイヤノイズが大きくなった感じです。肝心な底付きですが、まだミニボートは積んでいないため、分かりません。



■ホンダ:バモス  5

 内容:ハンドル切った後の戻りに違和感がありました。また、運転席の下辺りからコトコト音が発生しました。

【日付】9月11日
【部品・消耗品】スタビライザーリンク、スタビライザーブッシュ、ブッシュブラケット
【費用】ブッシュ:税抜き270円×2個
    ブラケット:税抜き340円×2個
    スタビライザーリンク:税抜き2700円×2個
【内容】



◎スタビライザーを保持するブッシュ(ブシュ)、ブッシュブラケットを交換しました。ブッシュブラケットも若干の擦り減りがありましたので、交換しました。



◎で、スタビライザーの保持部分も若干の擦り減りがありました。



◎こちらはスタビライザーリンクです。ダストブーツは、4個全て破れていました。勿論、グリースは“ゼロ0”状態でした。交換しないと次回のユーザー車検では不適合だったでしょう。



◎取り付け姿はこんな感じです。純正品のスタビライザーリンクですが、ダストブーツは交換不可でした。逆に、今回購入のパーツは社外品でしたが、ダストブーツはバネ止めで交換可能なタイプでした。次回はダストブーツ交換でクリアです。



■ホンダ:バモス・ダイハツ:アトレーワゴン  4

 内容:エンジンオイル交換しました。

【日付】9月6日
【部品・消耗品】
【費用】
【内容】お先にQさんのバモスから。最近足下辺りから“コトコト音”。既に13万キロ近く走行しているため、ブッシュ類がすり減って来たのが原因かと?初診では、スタビライザーが怪しい感じです。次はロアーアーム。ステアリングラック部分も怪しい…で、オイル交換は二の次状態。が、いくら軽ハコといっても2台は手間が掛かりました。





■ダイハツ:アトレーワゴン  3

 内容:スパークプラグ の交換です。

【日付】6月20日
【部品・消耗品】
【費用】
【内容】



◎スパークプラグは助手席側座席の下に位置します。白いコネクターキャップはツメ部分を押すのではなく、持ち上げて抜き取りますのでご注意を。



◎先ずは、ダイレクトイグニッションを10mmスパナで取外しました。ビクビクしながら先端部分をチェックしましたが、折損やクラックは見当たりませんでした。NGの場合、DENSO純正部品は1本7000円位でしょうか。



◎で、スパークプラグはず〜っと奥まった部分に位置します。



◎コチラ、KTC社製のプラグレンチです。先端にはマグネットが装着されているため、スパークプラグがシリンダーヘッド側に滑り落ちるのを防止してくれます。もちろん肉厚も極薄でなければなりません。元々はミニキャブバンのスパークプラグ交換用に購入しました。



◎想像よりも劣化していました。前回新品交換から42000kmを走行しました。マッピー、イリジュームプラグではなく純正品をチョイス!無知識のお陰で高速道路や踏切内で止まっちゃったら“命取り”でんねん…



■ダイハツ:アトレーワゴン  2

 内容:ラジアルタイヤ交換・オイル交換です。

【日付】2月29日
【部品・消耗品】エアーフィルター¥1600
【費用】
【内容】



◎少々早目かと思いましたが、スタットレスタイヤを取り外し、ラジアルタイヤに交換しました。気温も段々上昇しました。



◎前回のオイル交換から2900km走行したので、タイヤ交換のジャッキアップの序に交換しました。毎朝、遠隔スターターで10分以上は暖機運転しているので、距離換算すれば、思った以上だと思います。



■ホンダ:バモス  1

 内容:エアーフィルターを交換しました。

【日付】1月24日
【部品・消耗品】エアーフィルター¥1600
【費用】
【内容】



◎前回の交換から、4年が経過しました。湿式ですので、エアーブローではクリーニングできません。ちょうど替え頃でした。



◎エアクリーナーは助手席側のリアにLAYOUTされ、おまけに位置も低いため、汚れ易い感じがします。例えですが、エアーフィルターが目詰まりするということは、口にマスクをして全力疾走しているようなものです。お車は、かなり息苦しいのでは?エンジン回転を上げるには必要以上にアクセルを踏み込みますので、燃費は非常に悪いかと…




Copyright(c) Woodpecker. All Rights Reserved.