corkboard 芝居にまつわるエトセトラ 2004/01/21〜31

2004/01/21 (WED)

発見報告

通勤の乗換え駅(ちなみに中百舌鳥駅)にある天牛堺書店では今「古本1600円均一セール」をやっているんです。古本セールなのに1600円で売るような本だから、えらい古くてありがたげな本とか、大判の美術書とか、学問書とか、箱入りの文学書とか、そういう本ばっかり棚に並んでるから見ててかなり圧倒される品揃えなんだけど、そのなかになぜか「ザ・スタッフ舞台監督の仕事」が混じってて「お?」って感じでした。確かに定価3400円だしいちおう専門書だし1600円均一セールで売っててもおかしくないんだけど、なんか異彩を放ってた感は否めない。箱入りの本とかハードカバーの本ばっかりなのにこれだけペーパーバックだしさあ。

ちなみに私は「ザ・スタッフ」の文体が鼻についてしかたないんだけどなんでだろうね。確かに参考になる本だけど。

5年前の私は奇跡を起こしたのだ

世の中の受験生達は今年もセンター試験の結果に喜怒哀楽してるのでしょうか。センター試験の平均点とボーダー得点が発表される時期になりましたね。私が受験生だった時(1999年)、センターの結果は惨憺たるものでしたよ。今でも覚えてるから晒してみるけど、英語→151点、国語I II→143点、数学IA→67点、数学IIB→87点、世界史→92点、生物IB→85点、現代社会(ぶっつけ本番)→70点。695点/900点満点でした。数学IAは得意科目だったはずなのに今年の平均点(70点)より低いし。ちなみに私は筑波大学第一学群社会学類前期日程にかろうじて引っかかったわけですが、今年のボーダーは336点/400点満点。私が取ったのは307点。「注意」とされる320点にも引っかかってないやHAHAHA。もちろん自分の1999年の得点と今年のボーダーは単純に比較できるものでもないけど、当時としてもよい結果とはお世辞にもいえないものだったことは確か。家に金がないと小さい頃から刷り込まれていた(後から思うに、確かにうちは裕福ではないが、私が思ってたほど貧乏でもなかった気がする)もんで「絶対に現役で国公立」っていうシバリを自分で勝手に作ってたから、12月の三者面談で「足切りされそうな点数でない限り前期は出願する」って宣言してなかったら受けさせてもらえなかったかもねHAHAHAHAHA。

ちなみにこんな成績でも私が受かったのは点数配分が2次重視(2次の配点がセンターの倍)でしかも私立受けなかったから本命の2次対策に集中でき、しかもその2次の科目が英語と世界史だけだったおかげだと思っているので、同じように2次重視の大学を受ける受験生にはセンターのことなど忘れてここからふんばっていただきたく思います。センター重視の大学を受ける人は、……まあがんばれ。っていうかこんな役に立たないサイト読んでる暇があれば勉強しろ。

2004/01/25 (SUN)

カクスコDVDが800枚で売り切れですって?

ここ数日カクスコ公認サイトのBBSは大騒ぎだ。なぜなら全カクスコファン待望の一品であるところの『年中無休』のDVDの発売が2月1日から12日に伸びた挙句(それは別に構わない、きちんと届くなら)なんと発売開始前に売り切れてしまったから。

So-netによれば生産終了枚数が800枚だそうで、「それに達したので、もう販売はありません」なんだそうです。300枚の予約がないと生産してくれないのに、800枚で生産終了ってなんですか。むかむか。こんなところでプレミアつけてどうする気だろう。(あ、でもプレミア狙うなら最初から800枚限定って発表しておいて購入希望者殺到させる方が意味があるし儲かるよね)カクスコが、正直THEATER/TOPSのキャパでは抱えきれないくらいの動員数を叩き出し始めてもTHEATER/TOPSにこだわりつづけたのは、たぶんTHEATER/TOPSという空間も含めてカクスコの作品だったからだと思うわけ。需要と供給をアンバランスにしてプレミア狙うのが目的ではなかったはず。観たかった人が全員観れたわけではない舞台だった(私も『年中無休』はシナリオを読んだだけなのだ)からこそ、だからDVDは、こんな限定生産ってかたちにすべきではなかったと思う。上手く文章がまとまらないや。

『Wooo Marciel』

近鉄劇場は扇町ミュージアムスクエアみたいにさよならイベントをしないのだそうです。近鉄劇場は劇団ふるさときゃらばん『パパの明日はわからない』(2004/2/4)で、近鉄小劇場のほうはイッセー尾形『最後の最後の上本町』(2004/1/26〜31)でおしまいなんだそうです。イッセー尾形は納得できるけどなんで大トリがふるさときゃらばんなわけ?ふるさときゃらばんの前に『Wooo Marciel』日本公演がどーんと構えてて、今日いきなり興味が出てきた。ちょっとだけだけど。チケットはまだ買うことができるようだけど9000円を払う勇気が私にあるのか?私が行けるのは30日だけだから、観るべきか観ざるべきか、26日中には決断しないといけないよなあ。

大阪でも平日に芝居が観たいのですよ!

私はずっと思ってた!大阪では(そして他の多くの都市でもそうなんだろうけど)土日祝日が休みな人しか芝居を観られない!それって不公平だ!平日休みな業種の人は芝居を観るなというのか?え?芝居好きのくせに土日休みとは限らない仕事をしてるのが悪いって?知るかよ!だからこの動きは歓迎。芝居に行く人が少ないのは観られる時にやってくれないからっていうのもあると思う!

ところで、私はもっとマメにfringeをチェックして、ここで反応していくべきだと思った。別に義務でもないと思うけど、なんとなく。

リンクはあなたの意思でご自由にどうぞ。詳しくはリンクポリシーをご参照ください。
Copyright©2004 miharuco<miharuco@hotmail.com> All rights reserved