corkboard 芝居にまつわるエトセトラ 2002/12/11〜20

2002/12/11 (WED)

なんか忘れてると思ったら、7日に観た劇団SONIC BOOM第46回公演『ベティーは西へ行く』の感想を書き忘れてたのでした。なので今日は大多数の人には分からない文を書きます。カクスコネタより厄介。

90分のコメディー。愉しかったは愉しかったのですが、どう表現すればいいんだろう。キャラクターで売ってる人がたくさんで、キャラクター売りじゃないタイプの人がすごくかわいそうだった。(私自身がキャラクター売りタイプではないので同情方面に走る)キャラクターで芝居をする人とそうでない人はあんまり混ぜない方がいいね。まぜるな危険。あと芝居の感想ではないけど、私の周りの客は筑波小劇場の1年生の女の子ばかり。大学のサークルで芝居をしようという女の子はどこか「けがれ」なところがあると思っていたのですが、彼女たちからはそんな「けがれ」のオーラが微塵も感じられないのでびっくりしました。彼女たちが特殊なんだろうか。それとも世代交代なんだろうか。

2002/12/12 (THU)

劇団カタコンベからDMが届いてました。何日か前の話になりますが。例によって新潟に行くことはかなわなくて本当に残念です。19日〜22日、『この街では君の顔が見つめ過ぎた文字のようにワケノワカラナイモノニナル』ということで新潟市付近の方は是非。損はさせないはずです。

ところで何気にカタコンベの公式サイトのソースを見てみると、「<HEAD></HEAD>が<BODY></BODY>の2倍以上ある」ことに気づいたりしてなかなか楽しいです。<BODY></BODY>の中身も半分以上CSSだったりするんですけども。ホームページビルダーってある意味すごいと思いました。

2002/12/13 (FRI)

そういえば13日の金曜日ですね。そもそもクリスチャンじゃないのでさほど気にしていませんけども、私自身が13日の金曜日生まれだったりします。最初に映画の『13日の金曜日』が公開されたのが1980年……へええ。で今年新シリーズが公開されてたのね。知らんかった。

何日かぶりにプロバイダのメールをチェックすると、e+からtpt『BENT』無料公演のお知らせが。tptが無料!オッホ『聞いた通りにくり返す』でしばらく観劇をお休みしようと思ってたのに、これにはさすがにココロが揺れる。『蜘蛛女のキス』良かったしなー。「卒論前じゃん!無理!」とワメく天使と「早いうちの公演ならまだ大丈夫だってば」とささやく悪魔が脳内会議したあげく、「とりあえず抽選に応募するだけ応募しよう」という結論になりました。ま、たぶん当たらんだろな。

それにしてもほとんどメールマガジンとはいえ一週間で112通ってどうなの。ブラウザからだと読むのも整理するのもうんざりだし、卒論もますますいい感じに滞ってるし、早くパソコン直って来てください。

2002/12/14 (SAT)

朝、ぼーっとテレビを見ていると、『BIGGER BIZ』のポスターの松尾貴史氏が金○日氏に激似、というネタ(?)をやってました。服装と髪型のせいで確かに激似です。私はチラシを持っていないのですが、チラシも激似なのでしょうか。

赤穂浪士吉良邸討ち入りから今日でちょうど300年。正しく旧暦で数えると本当の300周年は来年の1月30日らしいけどまあいいや。「忠臣蔵でしょ?『殿中でござる』って、あれ」な常識のぽっかり抜けてるあなたに「仮名手本忠臣蔵」。たいていの人(もちろん私を含む)は読めないと思うので、「インターネットで楽しむ忠臣蔵」をどうぞ。知っておくとくっだらない喧嘩がひとつ防げるかもしれません。

2002/12/16 (MON)

tpt『BENT』無料公演の抽選に申し込んできました。抽選締め切りは19日18:00なので今から会員登録してもまだまだ間に合う模様。とかって低いはずのない競争倍率を上げるような発言をして自らの首を絞める私。結果発表は20日、メールにて。それまでにパソコンが戻ってくると良いけど。ちなみに昨日発売の『BIGGER BIZ』は案の定e+では予定枚数終了ということですが、もともとそれほど執着してなかったし別にいっか。(でもLoppiに残ってたら買うかも知れん)

土浦を10時過ぎに出て池袋を経由(滞在時間45分くらい)して13:30にシアターアプルに到着できるか考え中。ちなみにHYPERDIAさんは「10:28発の常磐線上野行きに乗って、北千住で11:33発の営団千代田線に乗り換えて、西日暮里で11:46発の山手線内回りに乗り換えれば11:57に池袋につくからよゆー」と言っている。「なんで地下鉄を挟むんだ、日暮里で乗り換えればいいじゃん」と思うかもしれないが、地下鉄を挟むことによって20円安くなるんだそうな。何でそんなメンドウなことに挑むかといえば、ひとつは土浦WINGでやってる福引に挑戦したいがため。もうひとつは「来年の手帳を買いたいけれどロフトで買えばクラブオンのポイントがたまって得だよね」という貧乏根性の顕れ。なんだか半分くらい無意味な挑戦だけど、土浦WINGが20:30に閉まるの(せめてあと30分やっててくれればバイト帰りに寄れるのに)とか新宿に西武やロフトがないのとかが悪いんだと責任転嫁。そもそも明日私が寝坊したら意味のない話ではある。今日は早く寝よう。

2002/12/18 (WED)

『東京のSF』と『聞いた通りにくり返す』観てきました。どっちも面白くて幸せ。特に、『東京のSF』は最高でした。「カクスコが好きなのは分かったから、他に好きな劇団どこよ?」とか聞かれたら「ナイロン」って答えることにします。難民が安住の地を見つけた喜びってこれの拡大版なんじゃないかと思う。でもレポートは例によって後日の可能性大。明日くらいまでには上げたいんだけど、自分のパソコンが戻ってこないので文章を書ける時間帯もまた自然に限定されてしまってます。一日でも早く戻って来い。

いつもは高速バスで首都高渋滞にイライラしながら上京するのですが、今回は16日の日記にも書いたとおり土浦駅から常磐線を利用してみました。「渋滞がない」というのは非常に開放感があります。ルートを変えた理由が「ひとつは土浦WINGでやってる福引に挑戦したいがため。もうひとつは「来年の手帳を買いたいけれどロフトで買えばクラブオンのポイントがたまって得だよね」という貧乏根性の顕れ。」でしたが、前者は達成できませんでした。行ってみると「平日は11:00からです」という札が抽選会場でお留守番していたのでした。休日なら10:00からやってるらしいんですがね。けち。

後者の「ロフトで来年の手帳を買ってポイントを貯める」は達成できました。が、本来狙っていたQuo VadisのABP2が池袋のロフトに売ってなくて、代わりにDELFONICSのリフィルと適当なブックカバーを買ってきました。今年の手帳はQuo VadisのExecutiveでなかなか使いやすかったのですが微妙な不満がありまして、「ここがこうだったらいいのに(例えば、日曜日も他の曜日と同じサイズの記入欄だったらいいのにとか)」という部分を満たしてくれるのが今回買ったDELFONICSのリフィル。満足。ブックカバーは透明のものなので、キレイな芝居のチラシを気分で差し替えていこうかなと思います。

土浦から池袋へ行く最も安いルートはHYPERDIAさんに拠れば16日のエトセトラの通りなのですが、乗換案内くんはもっと優秀な答えを出してくれました。「北千住で営団千代田線に乗り換えて、新御茶ノ水で丸の内線に乗り換えたら1180円で着くよ、ちょっと時間はかかるけど」だそうで。このテの検索はサイトによって違う答えが出るんだな、ということをとりあえず学びました。普通の検索でもgoogle以外のサイトを積極的に使った方がいいかも。

2002/12/19 (THU)

『東京のSF』分だけレポートアップしました。別に出し惜しみしてるわけじゃないです。

パソコンの修理が終わってメーカーから店に届くのが22日。23日が1日中バイトで受け取れないので、私の手元に帰ってくるのが24日。あと4日も我慢するのか。むう。帰ってきたらきたでいろんなソフトインストールしなおしたり微妙な設定をしたりする手間を考えるとちょっと気が遠くなったり、ほんとはちょっと楽しみだったり。

今週末にうちのサークルで1・2年生たちばかりのやたら若々しい公演がありまして、人手不足だというので映像操作を頼まれることになりました。一度も練習を見ていないんだけどそれでも役に立つのだろうか。鬼な私は「仕込みとか必要な部分しか手伝えないし、本番のときも空いた時間は図書館に行ったりするがそれでよいか」という条件を出したんだけどそれでもいいらしい。嗚呼、末期の人手不足だ。

2002/12/20 (FRI)

tpt『BENT』無料公演は当然落選しました。明日から第二期(2003/01/10〜19)の抽選申し込みがあるのだけれども、「当たらないこと前提で申し込んじゃえよ」と悪魔が耳元で囁いています。どうしよう。ついでに加藤健一事務所『ギャンブラー』のe+プレオーダーが終わってたことに今気づきましたがこれは発売日に普通に買うつもりなのでノープロブレム。

昨晩サークルの人々と、まずいと評判のラーメン屋で定食を食べながら最近観た芝居についてだべってました。妙にナイロン観た率が高くて半分はナイロンの話になってましたけども。一応、話の結論は「ケラ氏と成井豊氏は実はわりと同年代だが絶対話が合わないに違いない」。わ、くっだんねえ。ちょっと想像すればすぐに分かることを2時間以上かかって話してたわけだ。

リンクはあなたの意思でご自由にどうぞ。詳しくはリンクポリシーをご参照ください。
Copyright(c)2002 miharuco<miharuco@hotmail.com> All rights reserved