自家焙煎珈琲店めぐり:更新記録(2018)

  1. HOME
  2. 更新記録2018

更新記録 2018

6/09
小金井市南部のWISE MAN COFFEEはシックなたたずまいが好ましい。
6/02
本Webでは掲載後7年を経過したお店を削除していますが、6月も6店を削除しました。その代わりに久しぶりに再訪したお店(20年ぶりの大和の茶居珈、16年ぶりの緑園都市のフォーレスト、10年ぶりの海老名の珈琲院と多摩センターの琥珀)を掲載します。どのお店も年月が経ってもきちんとした仕事をしておられました。
5/26
東大駒場に近いThe Coffeeshop roast worksは代官山の同名店の焙煎を担当。
5/19
日野駅前のCLAMPWOODSはお湯の温度は93℃とカリスマさんと違う温度を推奨。
5/12
下北沢のcafe useが、店主の個性で大変身。名前も筋金珈琲焙煎所とし。ご主人もモヒカンに。
5/05
もっとも香りが出ると自慢の焙煎機がまわる浅草のツルヤコーヒー
4/28
府中の住宅街に2年前に女性店主が立ち上げたクレモナ
4/21
宇都宮のFRENCH COFFEE FANCLUBは深煎りでない豆もある明るいお店
4/14
かっこいい焙煎機がクリーニング店の一角にある中河原の日伸珈琲beans
4/07
豆の袋が500円単位でパック済みの千葉駅の珈琲舎 道。千葉駅にはすぐ近くに豆なかのもありました
3/31
立川のちょっと分かりにくいところに昨年夏に開店した赤い暖簾が目印の一福
3/24
ご主人のお名前に由来するきれいなお店、宇都宮のかめとかめ
3/17
マンデリンに格別のこだわりのある武蔵小金井の青い月と猫
3/10
女性店主の気配りが感じられるひばりが丘のちゃんく
3/03
千葉のニュータウン、おゆみ野にあるルーマーズ。ややさみしい駅前で気を吐いている。
2/24
高松の最後は駅に近いかわいいお店、トイ珈琲。あわせて最近きれいな街となった宇多津町のトートコーヒーも紹介します。
2/17
高松の香川大学の近くには100gr以上は好みの単位で売ってくれるSchop Bean宮脇本店がある。
2/10
高松にある倉庫を改造したような面白い自家焙煎店ブルースプーン
2/03
日本で一番古い地下鉄銀座線の開業90周年を記念して稲荷町の稲荷町珈琲と田原町の桃雲焙煎所を紹介します。
1/27
永福町の青空豆店と経堂のFinetimeを紹介します。
1/20
群馬県伊勢崎市にある古くからの店を自家焙煎として繁盛している阿部珈琲堂
1/13
群馬県太田市の住宅街に「珈琲のある暮らしを楽しむ」と書かれたChemineeがあった。
1/06
ツツジで有名な群馬県館林市の城沼に面した素晴らしいロケーションで珈琲とパンが楽しめるNiwa
1/01
明けましておめでとうございます。本Webは今年で創設20周年を迎えます。長年にわたりご支持いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。
1/01
新年最初は春日の2軒、珈琲庵Kartaを紹介します。
    →更新記録2017へ