自家焙煎珈琲店めぐり:更新記録(2017)

  1. HOME
  2. 更新記録2017

更新記録 2017

10/28
酸味と飲みやすさの2次元チャートで豆を表現している鷺宮のkotona
10/21
北浦和の越コーヒーは昔のスタイルがよく残った喫茶店なのに豆質は良い。
10/14
足利市のモカ自家焙煎コーヒー店を15年ぶりに訪れました。
10/07
某店の開店指導を受け17年6月にめでたく開店した久我山の久我山珈琲焙煎所
09/30
急行の止まる駅からすぐなのに落ち着いた風情の鳴嶋珈琲
09/23
浦和駅からはやや分かりにくいが、住宅の一角に焙煎小屋を建てたカフェマイスター
09/16
錦糸町にできたおしゃれな店クラウドコーヒー。M様に推薦いただきました。
09/09
アルチザンスタイルの焙煎という錦糸町のマキネスティ
09/02
町田市の名産品ブレンドがあるヒルズ珈房
08/26
焙煎してすぐ冷凍保管している武蔵野市のCOFFEE PLAN
08/19
おなじ市内で新しいお店に移転された2店、国分寺市のどりっぷと日野市の和楽を訪問しました。
08/12
三鷹駅の南の小さなお店はいつも人がいっぱいのハルフウェイ。K様に教えていただきました。
08/09
当サイトは掲載後7年を経たお店を削除し新鮮さを維持していますが、その中でほぼ10年以上ぶりに再訪したお店を再掲します。千歳烏山のcafoo、恵比寿駅西口に昔からあるヴェルデ、玉川学園の玉川珈琲倶楽部、町田のおらんだ屋,成瀬のビーズハウス町田こげちゃ家、市川の老舗麻生珈琲店です。結構浮き沈みのある業界ですが、長い店ほど努力を重ねておられるように見えます。
08/05
大垣駅の南にはご夫婦で頑張る多香があった。
07/29
岐阜大学の近くにあるおしゃれな自家焙煎店せせらぎの風
07/22
京都のど真ん中四条通に自家焙煎店生きている珈琲がある。
07/15
大山崎の古いマンションの一室で自家焙煎している大山崎Coffee Roasters
07/08
高槻の繁華な場所にある落ち着いたハートコーヒーは全面禁煙店。
07/01
前掲と同じ住宅街にある豆増も頑張っている。
6/24
大阪府高槻市のさびれた商店街で、元気に頑張っているテレマン
6/17
京都寺町の老舗の太秦にある支店で自家焙煎をしているスマート珈琲
6/10
京都伏見の量販店マルトシ珈琲のC/Pは良好。
6/03
ジーンズ生産で有名な倉敷市児島の海岸寄りの元鉄工所が元浜珈琲焙煎所に。
5/27
柏シリーズ最後は、北柏の北側の立派な建物にある、コーヒーローストスタジオ
5/20
自然いっぱいの公園を見下ろすロケーションに20年以上努力を続けている老舗のストリームヴァレー
5/13
豆壱に近い茶珈香は完全熱風式を強調。
5/06
柏市周辺シリーズ第1回は,スペシャルティ専門店と書かれている豆壱
4/29
錦糸町の下町の趣漂うすみだ珈琲では、江戸切子のガラスカップで供される。
4/22
甘味焙煎と称する豆を素敵な自然食品店で味わえる、大井町のNatura-Luce
4/15
16年ぶりに再訪した、川崎市高津のみずさわとつくば市のまめぽっと、昔と変わっていませんでした。
4/06
千歳烏山のモカジャバコーヒーロースタリーもスペシャルティ専門店と書かれている。
4/06
永山にある上記の姉妹店はMOKAJAVA多摩焙煎アトリエ店と称するが絵を飾るアトリエがあるわけではない。
3/25
鎌倉蜂の巣珈琲と大きく書かれているが、店名は昔と変わらずベルタイム。11年ぶりに訪れました。
3/18
吉田ワンマンで有名な大磯にもいいお店がありました、オイコス
3/12
JR武蔵野線から見える、創業20年の老舗八十館
3/04
木場駅と東陽町駅の間の住宅街にたたずむバッハ系の店le voisin
2/25
西武新宿線東伏見駅近くに、直火式とオンデマンドの二刀流の店ラ マーノがある。
2/18
西武池袋線ひばりが丘に、「焙煎は味づくり」というbrezzaがある。
2/11
南武線宿川原駅近くの大月珈琲店は狭いが温かい。
2/04
鉄道路線に大江戸線を追加しました。
1/28
南乃珈琲船に続きやはり南方XX関連の店が茗荷谷にありました。旧地名から名付けたという氷川下十番地
1/21
喧噪の駅前を少し離れたところにある、下北沢の南乃珈琲船。Ya様にご紹介いただきました。
1/14
やはり開店したばかりの初々しいお店、西武柳沢のちい珈琲。Yo様にご紹介いただきました。
1/7
東急池上線長原駅の近くの新しいきれいなお店ホナウナウでは、女性の店主が丁寧に教えてくれる。
1/1
東松山のまつざわは、店の一角でブレンド教室を開設している。
    →更新記録2016へ