男声合唱団コール・プレアデス

10月7日(木)から練習を開始します。
ホームページを移動します。
こちらにアクセスしてください。
https://sites.google.com/view/pleiades2/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

10月の歳時記 月天心(つきてんしん)

 月天心 貧しき町を通りけり(蕪村)

天心は天の中心。月は秋の季語ですが、満月の軌道は秋の深まりとともに高くなるので、これは中秋ではなく、晩秋の月でしょう。
何だか出来すぎた話ですが、ついでに「出来すぎ」をもうひとつ。

蕪村の句と密接に響き合う絵があります。時代も洋の東西も異にする、ルオーの『郊外のキリスト』です。
描かれたのは、キリストの時代のエルサレム「郊外」ではなく、19世紀末にルオーが生まれ育ったパリ東北部の街はずれ。低賃金労働者が集まり、食肉処理場や排泄物集積場、煤煙を吐く工場(画面奥に高い煙突)が立地する「貧しき町」でした。そこに佇むキリストと二人の子どもを、清らかな月光が包み込むように照らしています。

  団員募集中!!
お気軽に練習の見学においでください。
団員それぞれの個性を大事にする谷先生の指導により、明るくい雰囲気の中で合唱練習を楽しんでいます。
(新型コロナ対策で広い会場を確保するためで練習場所が定まっておりません)
  見学ご希望の方は、下記(団長)までご連絡ください。
 
 団長: 吉沢友海 tel 090-6547-6598
 E-mail: yo43wat@gmail.com



 
団長の挨拶

 指導者・ピアニストの挨拶

 団員のメッセージ

 練習場所・会費・スケジュール

 練習中の曲



 《写真》
 
合宿 ミニコンサート
 小泉八雲没後110年記念公演
 春のコンサート
 八王子文化祭
 緑化はちおうじフェア
 八王子市議会議場コンサート
 30周年記念コンサート

 今までの活動の記録

 関連団体



 合唱団紹介

 男声合唱団「コール・プレアデス」は31年の歴史を有する東京・八王子市でも稀有な男声合唱団です。
 現在、団員は23人。指導者とピアニストの先生とで毎週木曜日の夜、子安市民センターの音楽室でコーラスの練習を楽しんでいましたが、新型コロナの感染防止の観点から、広い会場に替えて練習を行います。
 曲は、日本語歌詞の4部合唱を中心に取り上げ、歌詞の魅力とハーモニーが一体になった感動を共有できる歌を届けようと練習しています。
 平成30年9月15日(土)には、「創立30周年記念コンサート」を“いちょうホール”で開催し、ほぼ満席のお客様の前で演奏することができました。コンサートのテーマは「旅」で、佐藤眞の男声合唱のための組曲「旅」をはじめ、日本の各地を主題にしたおなじみの歌を演奏しました。旅の他にも、皆さんの良く知っている曲や、当合唱団のオリジナル曲なども盛り込んで、楽しい演奏会となりました。
 その他の演奏活動としては、毎年、「八王子市民文化祭・合唱の集い」と「南大沢コーラスフェスティバル」に参加しています。女声合唱団「木の実」「コールヴィサン」「読売女声コーラス」や「レッシング」と一緒に混声合唱も行っています。また、施設を訪問するボランティアの演奏会や、ミニコンサート(お客様と一緒に歌うステージも取り入れた形)も行っています。
 和やかな雰囲気と先生の優しく熱い指導の下に我ら男声のハーモニーは磨き上げられ日々成長しています。

 「コール・プレアデス」はコーラスを楽しみ、人生を楽しむ会です。
 一緒に楽しみませんか!





hachiojibunkasai.htmlへのリンク

30syuunen.htmlへのリンク