手向山八幡宮(A2)

唐鞍
(からくら)
この画像を無断でコピーすることを禁じています
種別 工芸品
公開等
所在場所 奈良博
員数 1具
時代区分 鎌倉
【解説】
鞍は正倉院伝来のものと類似し、唐花や尾長鳥の文様を螺鈿であらわす。両側には金銅の輪形鐙を下げ、その内側に豪華な障泥を付す。銀面、頸総、三懸、尾嚢、雲珠なども完存する貴重な遺品。
凡例
◎ 常時公開
○ 限定公開(公開時期)
◇ 不定期公開(博物館所蔵・寄託等)
□ 非公開・県外
写真提供:奈良国立博物館、撮影:森村欣司
当サイトの画像・テキスト等の二次使用・無断転写はお断りします。