リンク


 現代中国文学小屋  中国の作家、残雪の小説の翻訳、研究をさ れてい
         る近藤直子さんのWeb site。残雪の評論などが読めます。

大阪女性文芸協会    女性限定の大阪女性文芸賞 を主催しています。

         文芸誌のウェブサイト

 

文芸同人誌「弦」 ○
名古屋市で発行されている文芸同人誌「弦」のウエブサイトです。バックナンバ
ーをpdf化していますので、作品が読めます。

 Web 頌(オード) 
  4年前に第29号をもって休刊していた「頌」が、web版で甦りました。全作品、HTMLで読めます。
 あるかいど  1982年大阪文学学校の有志が創立した有力誌が新たにホームページを開設しました。最新号は46号。「図書室」<「作品集」のページに、40号以降の代表的な作品がPDFファイルで全文読めます。
 座礁  ◎             瀬本明羅さんと村上 馨さんお二人の作品が読めます。
 「海」第二期 ◎  福岡市を拠点に活動する文芸誌、「海」第二期のウェブサイト
 有森信二のコスモスワールド  ◎ 

      ウェブサイト「海」第二期を管理されている有森信二さんの個人ウェブページ

 短説と小説「西向の山」  原稿用紙二枚という短説を実践されています 
 青い花 ◎  文芸同人誌「青い花」のWEB。作品が読めます。
 カプリチオ ◎ 文芸同人誌「カプリチオ」のWEB。作品が読めます。

 同人誌の小説 ◎ 

 ……同人雑誌に発表された作品を、もっと多くの人に読んでいただけるよう、作者の了解を得て再録しております……という石井利秋さん運営(?)のページ。

 みなせ文芸 ◎ URL 変りました
 神奈川県内で活動する文芸同人誌。47号以降の最新号が読めます。
 岩獎 ◎ 同人の代表作が読めます
 場面 ◎ ウェブ同人誌なので作品すべて読めます。
 婦人文芸 

 歴史ある「婦人文芸」のWEBページ。URL移転、リニューアルされてWebで作品が読める体勢に。縦書き二段組のpdfファイルです。

 むらいはくどうのホームページ 

 富山県で発行されている「渤海」の目次の紹介と、「渤海」同人のむらいはくどうさんの作品が読めます。富山県内の同人誌の紹介もあります。

 サルベージュ ○ 
鳥取県の同人誌のウェブ。同人全員が60歳以上とあるが全国的にそういう傾向です。同人の代表作がアップされています。 
 じゅん文学 
名古屋市で発行されており、その名は文學界同人雑誌評で目になじんでいます。
 遍歴 創刊号から最新44号までの目次すべて
 照葉樹  △ 2006年4月創刊の二人誌。2010/08に9号発行
 海峡   最新号目次
 AMAZON △ 最新号目次
 全作家  ○ 最新号目次 、会員の作品をアップする電子図書館
 季刊作家 △ 目次
 季刊遠近 △ 目次
 文学横浜 △  既刊号の目次 横浜を中心に活動する文学サークル
 群系 △ 「群系」(江東区)のWEBページ
 季刊午前のページ △ 「季刊午前」のWEB。表紙と目次。
 文芸「円 ○ 作品集
  △ 最近2号の表紙と目次
 零文学 △ バックナンバー表紙のみ
 ZOWV(ゾラブ) △ バックナンバー表紙のみ
 ウェブ文学同人誌「熱砂」    ウェブ同人誌。
 カム 〇 大阪文学学校卒業生による同人誌
 文芸同人誌「椽(てん)」 ◎ 札幌の純文学志向の同人誌 作品読めます
 サロン・ド・マロリーナ  2010年08月:創刊号発行
 海峡派  北九州の文芸同人誌「海峡派」、新発行人の方のブログ
 
 
 
 










 

 

主な内容

   印刷された同人誌は手元においてじっくり読めるというかけがえの無い利点がありますが、反面、数百部という発行部数から入手できる人数に限りがあります。

 これだけインターネットが普及しますと、下記のようにネット上に作品をそっくりアップロードする同人誌が出現して来ております。ネット上の小説は横書き表示、縦スクロールなど、縦書きを左に読み進めるという日本語を読む目の生理に合わず、ダウウロード、加工して読むならいざしらず、モニター上で直接読むにはつらいものがあります。ただしそういう短所を持ちながらも、ネット環境にさえあれば、検索しアクセスして地理的な距離などまったく意に介することなく、未知の書き手の作品を読むことが出来ます。
 
 
印刷媒体である同人誌を決して軽んじるのではなく、むしろさらにそれを補完して更なる読者、あるいは書き手と出会う場所としてインターネット上の同人誌のホームページを検索、紹介するためにリンク集に「文芸同人誌のWEBサイト」を作成いたしました。

 (ネット上で作品がほぼ読める…◎  作品の一部が読める○  作品は読めないが既刊号の表紙や目次が読める△  )