乾燥肌の入浴剤

乾燥肌には保湿が一番。乾燥肌を改善する入浴剤を探していきます。
貴方の乾燥肌に効く入浴剤、お気に入りの入浴剤、見つけるお手伝いになると嬉しいです。
乾燥肌の入浴剤 モバイル用ページはこちら。

乾燥肌の入浴剤 入浴剤の役割

乾燥肌であるかどうかにかかわらず、お風呂に欠かせない存在の入浴剤
お風呂に入浴剤はすっかり当たり前になってしまいましたが、乾燥肌によい入浴剤を探す前に、入浴剤の効果からちょっと考えてみることにしましょう。

入浴剤の基本的な役割、効果は、お風呂の温浴効果(体を温める効果)と清浄効果(皮膚の汚れを落とす)を高めることにあります。
入浴剤の種類は大まかに、以下のように分けられます。
「無機塩類系入浴剤
「炭酸ガス系入浴剤
「薬用植物系入浴剤
「酵素系入浴剤
「清涼系浴用剤」
「スキンケア系入浴剤
これらのうち、乾燥肌に効果的な入浴剤について書いていきます。

無機塩類系入浴剤について。
主成分:硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウム(重曹)、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム等
無機塩類系入浴剤の大きな特徴は、塩類が皮膚表面のたんぱく質と結合し膜を作ること。
この膜が皮膚を保護し、熱の拡散も防いで湯冷めしにくくしてくれます。
炭酸ナトリウム(重曹)はお掃除にも使えるくらいの天然の清浄成分で、清潔を保ってくれます。
各地の温泉成分をうたった入浴剤もたいていはこの類の入浴剤で、香りや色で雰囲気を出しているだけのものも多いです。
「何とかの温泉」はあまり信用してはなりません。
乾燥肌入浴剤としてはなかなかいいのではないでしょうか。
ただ、重曹が多めで清浄作用が高い=汚れがよく落ちる=皮脂も落としてしまう、となると乾燥肌にはいまひとつ。
あまり重曹成分が高くない入浴剤が良さそうです。

薬用植物系入浴剤について。
主成分:薬用の生薬、ハーブなどを刻んだもの、エキスを抽出したもの等
生薬は日本古来のものからアロマ精油、西洋ハーブ類までさまざまな薬用植物があります。
植物をそのまま浮かべる柚子風呂や菖蒲風呂は日本のお風呂として世界からも注目を浴びているとか。
保湿性の高い生薬、アロマ、ハーブ成分が入った入浴剤は、乾燥肌用の入浴剤として優れモノと思われます。

スキンケア系入浴剤について。 主成分:セラミド、コレステリルエステル、米胚芽油、エステル油、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイル、米発酵エキス等
そのものずばり、スキンケアのための入浴剤です。
主成分のほとんどは保湿を目的としたもの。
乾燥肌入浴剤にうってつけですね。
後でも書きますが、お風呂に入って水分を吸い、柔らかくなった皮膚は各種成分が浸透しやすくなっています。
同時に角質層の水分が失われて、乾燥肌まっしぐら予備軍の状態でもあります。
入浴時のこういった皮膚状態を考えて、保湿成分入りの入浴剤乾燥肌に効くのです。


乾燥肌の入浴剤 結論

乾燥肌入浴剤、ベストはスキンケア系、もしくは保湿成分に重きを置いた薬用植物系入浴剤
次点で炭酸ナトリウム(重曹)が少なめで清浄効果よりも皮膚の保護膜形成を重視した入浴剤
乾燥肌入浴剤を選ぶ基準はこんなところでしょうか。

これらを踏まえて、星の数ほどからもある入浴剤の中から乾燥肌用のお気に入りの一品を選ぶことになるわけです。
ドラッグストアやスーパーの入浴剤コーナーにはたくさんの入浴剤が並んでいますし、最近はネットでの通販もたっぷりです。
とりあえずはネットでカタログショッピングでもして、お目当ての入浴剤を探してみて下さいな。


サイト1ページ目にして結論が出てしまいましたが。
乾燥肌改善の入浴方法だの、乾燥肌によいとされる温泉だのの紹介もしていますので、左のメニューから見て行ってやって下さいまし。