事務所案内

 

司法書士ごあいさつ

司法書士業務開始してから、債務整理業務に関しては500名以上の依頼者の事件を受任しました(※合同事務所として業務していた際の共同受任事件を含みます。相談のみで受任していない事件は省きます)。

平成18年の最高裁判決以後、利息制限法超過の利率の取引については引き直し計算を行い、結果として過払請求を当然に行えるようになりました。それから約10年が経ち、過払請求事件のピークは過ぎたように思いますが、現在でも自己破産・個人再生事件は継続して相談・受任をしており、任意整理により返済条件の見直しを図り、債務問題の解決を図る業務を通じ、依頼者の方の生活再建を共に行っている姿勢は変わりません。

また、何らかの事情で支払を停止していた場合は、時効援用を行うことで法的な支払義務を消滅させる事案の御相談もあります。

債務に関する問題は何らかの解決策があります。どの方法が依頼者の方にベストであるのか、を共に考えて選択し、解決に結び付けていくことを業務方針としています。


司法書士 山際 勉

 


経歴・事務所沿革

 兵庫県司法書士会1480号 簡裁訴訟代理認定番号612384号
 公益社団法人成年後見リーガルサポート 正会員6308915号
・兵庫県司法書士会 綱紀委員会委員(平成27年~現在)
・兵庫県司法書士会 研修部委員(平成27年~現在)
・尼崎市役所登記相談員、尼崎市消費生活センター相談員、法テラス登録
平成18年
司法書士試験合格後、兵庫県司法書士会に登録。尼崎市内にて司法書士2名の合同事務所開設。
平成19年
尼崎市役所市民登記相談、尼崎市消費生活センター相談、法テラス相談員登録。簡易裁判所訴訟代理認定し、債務整理・一般民事事件の簡裁代理業務を開始。
平成21年~
合同事務所から独立し、司法書士事務所尼崎リーガルオフィス開設して現在に至る。