債務整理についてのQ&A

Q5.債務整理をするとETCカードは使えなくなりますか?

クレジット会社のETCカードは使えなくなりますが、ETCパーソナルカードは利用できます。

土日の高速道路1000円割引などで、自動車やバイクのETCカードも普及してきました。私は持っていないのですが、高速乗り放題1000円というのは値段として魅力ですので、ETCカードもあったら便利だろうな~と思います。

たいていの場合、クレジットカード会社の発行するETCカードをお持ちだと思います。

その場合、ETCカードの使用代金はクレジット会社に課金されますので、クレジット会社を相手として任意整理を行ったり、自己破産や個人再生をする場合にはクレジット会社に債務整理開始通知を送ることで債権債務が清算され、今後の会員資格はなくなります(つまり、そのクレジットカードは利用できなくなります)。そのため、クレジットカードに課金されるETCカードも自動的に使えなくなります

債務整理はしたいが、ETCカードを業務上使わざるを得ないので引き続き使えないか? という質問をよくいただきますが、上記のとおりクレジットカード会社の発行しているETCカードは利用できなくなります。

しかし、ETCパーソナルカード というものがあり、これはクレジットカードを持っていなくても、一定の保証金を預け、銀行口座からの引き落としで清算するというものです。

保証金は、有料道路の平均利用月額(最低1万円)を5000円単位で切り上げた金額の4倍の額 または年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額のいずれか高い方 の金額となります。

たとえば、平均利用月額が4500円、年間最高利用月額が4万2000円の場合には、年間最高利用額を2万円単位で切り上げた6万円が保証金です。

ETCパーソナルカードは、そのための申込手続きが必要ですので、詳しくはETCパーソナルカードのホームページでご確認ください。

ということで、結論としては、債務整理手続きをしてもETCカードを使用することはできます