債務整理についてのQ&A

Q4.債務整理の手続きをしたことが、家族や会社に知られることはありますか?

任意整理手続きの場合は、基本的に家族に知られることはありません。

任意整理手続きは、司法書士事務所尼崎リーガルオフィスが代理人となり、各債権者と交渉を行いますので債権者が債務者(依頼人)本人や家族に連絡をすることはありません

※ ただし、債権者がわざと、あるいはうっかりご自宅に電話をしてしまうことは可能性としてありえます。金融庁のガイドラインにも規定されていますが、連絡は代理人である司法書士や弁護士にすることになっていますので、貸金業登録をしている債権者であれば受任通知を受領すれば、本人への連絡は通常しません。

自己破産個人再生の手続きをする場合には、同居の家族の収入や電話・水道代金の領収書(銀行口座からの引き落としの場合には、該当する通帳のコピー)が必要になりますので、家族の協力が必要となることもあるため、結果として家族に知られることもあります。

また、会社に対しても同様ですが、債権者から「そちらの会社に勤めている○○さんが債務整理をしてまして、その件で~」と連絡をすることはありません。

ですが、自己破産個人再生の手続きの場合、会社に退職金見込み額証明書を発行してもらうことが原則として必要になります。

また、会社から借入をしている場合、自己破産や個人再生の場合には、会社も債権者として手続きに含めなければならないので、会社も手続きの当事者となり、自己破産や個人再生の手続きをしていることがわかります(任意整理の場合は、会社を債権者として扱わなければ、会社には任意整理の手続きをしていることはわかりません)。

司法書士事務所尼崎リーガルオフィスでは、依頼者の方の諸事情を考慮して手続きを進めていきます。

どうしても家族には言えない、といった事情(知られることで家族関係が悪くなる、知られると暴力行為をされる恐れがあるなど)も理解できますので、極力その意向に沿った形で手続きを進めていきます。

そのため、司法書士事務所尼崎リーガルオフィスでは、手続きの最初に連絡方法の確認を必ずします。また、郵便物を送付してよいかも併せて確認し、指定された方法以外では連絡をいたしません。

ただ、本当のところをいえば、打ち明けにくいことであっても、家族の協力のもとに債務整理の手続きを進めることができればよいとは思っています。