債務整理についてのQ&A

Q2.司法書士と弁護士は何が違うのですか?

司法書士と弁護士は別の資格です。それぞれ、司法書士試験、司法試験と別の国家試験を受けています。法律によってそれぞれができる業務は規定されており、弁護士でないとできない業務もありますし、司法書士と弁護士の両方ができる業務もあります。

司法書士の場合は、簡易裁判所における訴額140万円までの民事紛争についての訴訟や示談交渉を依頼者の方の代理人となって行うことができますが、弁護士はそのような制限がなくすべての事案について訴訟代理や示談交渉ができます。

自己破産の申立や個人再生手続きの申立は地方裁判所に対して行いますが、司法書士は書類作成人として関与することになりますが、弁護士は代理人として手続きを行います。司法書士は、裁判所に提出する書類の作成は業務として規定されていますが、地方裁判所に対して行う手続きは代理ができないのです。

また、過払金返還交渉についても、相手方(過払金請求をする貸金業者)に対して請求する額が140万円以上であれば司法書士は代理人として示談交渉や裁判はできません。

ただ、債務の分割返済についての示談交渉は、経済的利益として計算をするので、140万円を超える債務であっても代理人として交渉ができます。

このように、法律で定められた業務範囲において、司法書士と弁護士に違いはありますが、実際的には地方裁判所に対して行う自己破産手続きも、裁判所は司法書士を連絡の窓口としますし、140万円を超える訴訟についても裁判書類の作成業務を司法書士が行うことができますので、本人訴訟のサポートは可能です。

しかし、実際には弁護士に依頼をした方がよい事案、または弁護士という代理人を選任しなければ進めていけないだろう、という事案もあります。その場合、司法書士事務所尼崎リーガルオフィスの提携している複数の弁護士事務所がありますので、ご紹介することも可能ですのでご安心ください。