債務整理についてのQ&A

Q1.債務整理を依頼する司法書士・弁護士事務所の選び方

確かにインターネットで検索すれば、債務整理を行う司法書士事務所や弁護士事務所が山ほど出てきます。もし、私が債務整理をしようと思っても迷うでしょう。

個人的な意見ですが、どの司法書士・弁護士に依頼をするかで一番重要なことは、これから数か月の間(場合によってはそれ以上の期間)連絡を取って手続きを進めていくのですから、電話の応対を含めて担当する司法書士・弁護士との相性が合うかどうかだと思います。

具体的な手続きの進め方は司法書士・弁護士によって様々だと思いますが、それぞれ資格をもって司法書士や弁護士の登録をしている以上、職責は当然にあります。その職責に問題がある場合は論外ですが、職責に反している場合には所属している司法書士会や弁護士会に苦情の申立も行うことができますので、そういった対応で解決はできますが、相性は変えられません。

また、残念なことではありますが、一部の司法書士事務所(弁護士事務所も同様でしょうが)では、司法書士ではなく事務員が担当となってすべての手続きを進めていくような事務所もあります。

司法書士事務所尼崎リーガルオフィスでは、すべての手続きを司法書士が進めていきます(一部の事務業務や電話連絡などは事務員が対応することはありますがあくまで補助業務です)。

自宅や会社から事務所にいくことのできる距離ということも大切です。インターネットで日本の遠方から買い物をすることは私も日常的にやってますが、(トラブルがなければ)1回で終わる買い物と継続的な債務整理業務では事情が違います。債務整理手続きを進める中で、依頼者の方と直接お会いして打ち合わせをすることもありますので、司法書士事務所尼崎リーガルオフィスでは、事務所までお越しいただくことのできない遠方の距離になる方の手続きは行っておりません

債務整理は とりあえず今ある借金の返済が楽になればよい というものではありません。これからの生活設計を見直して、それを実践することが目的です。

そのような大切な手続きを依頼するのですから、依頼者の方もどの司法書士・弁護士に依頼するかは実際に会って話をして決めるべきだと思います。