アイトワの森

アイトワの森には、特別な事情を秘めた木や草花がたくさん生えています。

たとえば、いつも近隣を散歩していた人が、野草のオドリコソウを一株持ち込み、「アイワの森で育ててほしい」と依頼した。毎年見慣れていた花だが、ブルドーザーが「明日にでも造成工事をして」消し去りそうに見えたからだ。2002年のことでしたが、今や元の場所は家が建ち、舗装され、あとかたもない。

 企業や個人の記念樹も幾本か育っています。人形展示室では時々、主に若手の芸術家や工芸家などの個展や教室展が開かれることがありますが、その出展者がオブジェや水鉢などの作品をアイトワの森に残してゆくことがあります。


オブジェ制作
北村信樹
1972 京都府生まれ
1996 京都精華大学 美術学部造詣学科卒
1998 京都精華大学 美術研究科終了

 

ob01.jpg












アイトワの庭には、随所に水を配しています。不凍の小さな泉、しみ出た山水をたたえる水槽、庭に埋め込んだ壷、小魚を飼っているガラスを張った水槽、ハスやクワイを植えた水鉢、イトトンボが自生しているビオトープ、雨水を受ける壷、風呂の残り湯などを自然浄化して溜める水槽、雨水タンクなど。多少を問わず大小とりまぜると、18箇所で水を蓄えていることになります。その多くは野ざらしですから、野生の動物や小鳥が、水のみ場や水浴び場にしています。

この他に、義理の妹が創ったさまざまな焼き物が随所に配されていますが、その中に3つの水鉢があります。妹は、焼き物に凝っていますが、実用的な作品を造ります。美と実用の融合,つまり芸術的価値と実用的価値の融合に、私はこれからの時代の課題を見出しています。彼女の家では、彼女の創った食器で家族は食事をしているようです。問題は、まだ少し器が全般的に重いことだそうです。

 

花活け 傘立て
鉢受け 水鉢
水鉢 水鉢
植木鉢 植木鉢


HOMEページへ