グランピアンズ国立公園   (ビクトリア)

n  ビクトリア州最大の国立公園
  グランピアンズは約17万ヘクタールの広さを持つ広大な国立公園。見どころは点在しており、簡単な散策路から本格的な装備なしでは立ち入れない場所までたくさんあります。観光客はホールズ・ギャップ(Halls Gap)周辺を散策するのが一般的です。

n  ホールズ・ギャップ (Halls Gap)
  ホールズ・ギャップはグランピアンズ国立公園の観光拠点となる小さな田舎町。観光案内所、スーパー、ガソリンスタンド、レストランなど最小限のものは揃っています。中心地から見上げる岩には3億年前といわれる地層が見られ、グランピアンズの見どころ、ピナクル展望台がはるか頂上に見えます。
  これまでオーストラリアを旅した中でいちばんカンガルーが多く見たのがこの町。公園や道などあちらこちらに野生のグレイ・カンガルーが現れ探すまでもありません。このサイトでご紹介しているどの場所よりもたくさんの野生カンガルーがいました。その他にもエミューやさまざまな野鳥、そしてなんと立派な大きな角を持った鹿も見かけました。ここの野生動物たちはなかなか人間には近寄ってこず、人の気配がするとすぐ逃げていってしまいます。もしも動物を見かけない場合は道からちょっと離れた牧場地のあたりを探してみてください。
  人気観光地らしく宿泊施設はホテルからキャンピング場までいくつかあります。どのアコモデーションにするかが迷いどころですが、決定条件のひとつはカンガルーの出現率。この町のカンガルーは人間にはなついていませんのであまり近くには寄ってきませんが、今のところの調査ではいちばんカンガルーが近くまでやってくるのはホールズ・ギャップ・ロッジ(Halls Gap Lodge)。ここは丸太小屋風のロッジで、自分で火をくべる暖炉もついているので寒い時期もおすすめです。

n  ワンダーランド・レンジ (Wonderland Range)
  グランピアンズの最大の見どころと言われるピナクルズ展望台までのトレッキングコース。片道2キロほどですが標高差のある少々険しい道ですので往復は3時間ほどかかります。岩場が多いので滑らないような靴が最適です。
  ワンダーランド駐車場(Wonderland Carpark)から出発するとすぐに現れるのがグランド・キャニオン(Grand Canyon)。地層模様の岩が両側にそびえる渓谷で、下に流れる川に滑り落ちないよう注意しながら歩いていきます。その後しばらくユーカリの林を抜けると再び岩地になり、岩と岩の間に細い一本道ができているサイレント・ストリート(Silent street)に着きます。駐車場の音も川のせせらぎも聞こえない静かな場所で、このあたりが道の険しさを感じはじめる頃。ひたすら坂を上ります。
  トレッキングの目的地はピナクルズ展望台。ワンダーランド・レンジの頂上部の細い崖の上にある展望台で、ここの風景はいろいろなパンフレットでも見たことがあるはず。眼下にはホールズギャップの町が見えます。自分が展望台の上にいる時はあまりわかりませんが、横から見ると突端はかなり突き出していて危うくて迫力のある場所です。体力があれば完歩できるトレッキングだと思いますが、天候が変わりやすいので充分に注意してください。

n  バルコニーズ・ウォーク (Balconies Walk)
  恐竜が口を開けているようなかたちをしている崖。なぜか目のあたりには違う色の石までついていて本当に恐竜か怪獣がユーカリの森を眺めているように見えます。パンフレットなどではこの恐竜の口にあたる部分の崖に腰かけている人の写真が載っていることがありますが、現在は安全上の理由のため崖に行くのは禁止。この崖を背景に写真を撮るには、岩に近い方の展望台に人間が立ち、もうひとつの離れたほうの展望台からカメラで撮ると一緒に写る事ができます。
  トレッキングは往復2キロで激しい標高差もない穏やかな道。ユーカリの林が続く単調な景色の歩道ですが、お散歩気分で散策できます。

n  マッケンジー・フォールズ・ウォーク
    (Mckenzie Falls Walk)

  マッケンジー・フォールズ(Mckenzie Falls)を眺めるトレッキングコース。展望台から滝全体を眺めるコースと滝つぼのほうまで下りていくコースがあります。滝全体を眺めるコースはゆるやかな歩道ですが、滝つぼへ降りるコースは石場や階段を降りていくので足元には気をつけてください。
  ブロークン・フォールズ(Broken Falls)は同じエリアにあるもうひとつの滝。入り口にある売店のおじさんは、このブロークン・フォールズもかわいい滝なのに観光客はマッケンジーのほうばかりに行って見逃してしまうのでもったいないと話していました。

n  グランピアンズ・ワイナリーズ (Grampians Vinyards)
  このあたりは1860年代からワインが作られていたという歴史ある地域。そのワイナリーのひとつベスツ・ワインズ(Best's Wines)はホールズ・ギャップからアクセスのよい場所にあります。4姉妹をモチーフにしたフォー・シスターズ(Four Sisters)のボトルラベルが有名です。


ピナクルズ展望台


グランド・キャニオン


バルコニーズ・ウォーク


マッケンジー・フォールズ

NORTHERN TERRITORY
ノーザン・テリトリー
WESTERN AUSTRALIA
ウェスタン・オーストラリア
SOUTH AUSTRALIA
サウス・オーストラリア
QUEENSLAND
クイーンズランド

NEW SOUTH WALES
ニュー・サウス・ウェールズ
VICTORIA
ヴィクトリア
TASMANIA
タスマニア
AUSTRALIAN CAPITAL TERRITORY
オーストラリアン・キャピタル・テリトリー


HOME(ドライブ・アウェイ・ウィズ・エア!)