Power Up Group 本文へジャンプ



サンプルはこちら
百人一首、一茶俳句、俳句

こちらも暗唱文集と同じように、繰り返しで覚える教材です。
A4版またはB5版の画用紙を用意し、印刷してください。

作り方のサンプルとして1作品を載せますので、プリントアウトして、ご活用ください。
 (画像ファイルにしてありますので、ワープロソフトは不要です)

お持ちのワープロソフトで作成できるように、資料を載せましたので、ご活用ください。

ご家族で、上の句を読み終えたあと、下の句を誰が速く答えられるか競うのも良いかと思います。



資料集(使用方法は、「教材の作り方」を参照願います)

百人一首① 百人一首② 百人一首③ 百人一首④ 百人一首⑤
百人一首⑥ 百人一首⑦ 百人一首⑧ 百人一首⑨ 百人一首⑩
一茶俳句① 一茶俳句② 一茶俳句③ 一茶俳句④ 一茶俳句⑤
一茶俳句⑥ 一茶俳句⑦ 一茶俳句⑧ 一茶俳句⑨ 一茶俳句⑩
春の俳句① 春の俳句② 夏の俳句① 夏の俳句②   
秋の俳句① 秋の俳句② 冬の俳句① 冬の俳句②  


資料集

百人一首①
①足曳の 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を 独りかも寝む
②有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし
③嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり
④奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき
⑤朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪
⑥寂しさに 宿を立ち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ
⑦鵲の 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける
⑧君がため 惜しからざりし 命さへ 永くもがなと 思ひけるかな
⑨憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを
⑩天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ

百人一首②
①巡り逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな
②和田の原 漕ぎ出でて見れば 久方の 雲ゐにまがふ 沖つ白波
③陸奥の 信夫もぢずり 誰故に 乱れそめにし 我ならなくに
④いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな
⑤きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき 独りかも寝む
⑥この度は ぬさも取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに
⑦夜をこめて 鳥の空音は はかるとも 世に逢坂の 関は許さじ
⑧百敷や 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり
⑨契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり
⑩思ひ侘び さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり

百人一首③
①嘆けとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな
②来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ
③もろともに あはれと思え 山桜 花より外に 知る人もなし
④音に聞く 高師の浜の あだ浪は かけじや袖の ぬれもこそすれ
⑤高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ
⑥長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は ものをこそ思へ
⑦かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを
⑧有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
⑨恨み侘び 干さぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ
⑩誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに

百人一首④
①しのぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで
②風をいたみ 岩打つ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな
③立ち別れ いなばの山の 峯に生ふる まつとし聞けば 今帰り来む
④吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ
⑤山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば
⑥秋の田の かりほの庵の とまをあらみ わが衣手は 露にぬれつつ
⑦田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ
⑧筑波嶺の 峰より落つる 男女川 恋ぞつもりて 淵となりぬる
⑨世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
⑩永らへば またこの頃や しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき
百人一首⑤
①春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山
②天の原 振りさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも
③これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関
④住の江の 岸に寄る波 寄るさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ
⑤山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり
⑥久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
⑦白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける
⑧朝茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき
⑨由良の門を わたる舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな
⑩八重むぐら しげれる宿の 寂しきに 人こそ見えね 秋は来にけり
百人一首⑥
①滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
②大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
③淡路島 通ふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝ざめぬ 須磨の関守
④秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の カゲのさやけさ
⑤ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる
⑥村雨の 露もまだ干ぬ まきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ
⑦み吉野の 山の秋風 さ夜更けて ふるさと寒く 衣うつなり
⑧花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり
⑨夜もすがら 物思ふころは 明けやらで ねやの隙さへ つれなかりけり
⑩玉の緒よ 絶えなば絶えね 永らへば しのぶる事の 弱りもぞする
百人一首⑦
①わが庵は 都のたつみ 鹿ぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり
②花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世に経る ながめせし間に
③和田の原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ あまの釣舟
④君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ
⑤千早振る 神代も聞かず 竜田川 から紅に 水くくるとは
⑥侘びぬれば 今はた同じ 難破なる みをつくしても 逢わむとぞ思ふ
⑦月見れば 千々に物こそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど
⑧小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今一度の みゆき待たなむ
⑨心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花
⑩人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける
百人一首⑧
①夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ
②忘らるる 身をば思はず ちかひてし 人の命の 惜しくもあるかな
③恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか
④契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは
⑤忘れじの 行く末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな
⑥安らはで 寝なましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな
⑦心にも あらで憂き世に 永らへば 恋しかるべき 夜半の月かな
⑧夕されば 門田のいなば おとづれて 蘆のまろやに 秋風ぞふく
⑨わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわく間もなく
⑩世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ あまの小舟の 綱手悲しも
百人一首⑨
①明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな
②朝ぼらけ 宇治の川霧 絶え絶えに あらはれ渡る 瀬々のあじろぎ
③哀れとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな
④逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり
⑤逢ふ事の 絶えてしなくは なかなかに 人を身をも 恨みざらまし
⑥あらざらむ この世の外の 思ひ出に 今一度の 逢ふ事もがな
⑦今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな
⑧今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな
⑨瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ
⑩なげきつつ 独り寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る
百人一首⑩
①名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
②難波江の 蘆のかり寝の ひと夜ゆゑ 身を尽くしてや 恋ひわたるべき
③難波がた 短き蘆の ふしの間も 逢はでこの世を すぐしてよとや
④春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ
⑤人も惜し 人も恨めし 味気なく 世を思ふ故に 物思ふ身は
⑥御垣守 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ
⑦みかの原 わきて流るる 泉川 いつみきとてか 恋しかるらむ
⑧見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色は変はらず
⑨おほけなく 浮世の民に おほふかな わがたつ杣に 墨染の袖
⑩風そよぐ 奈良の小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける

一茶俳句①
①朝顔の 数えるほどに なりにけり
②秋風や むしりたがりし 赤い花
③霰ちれ くくり枕を 負う子ども
④鶯が ちょいと隣の ついでかな
⑤うす壁に ずんづと寒が 入りにけり
⑥大井川 見えてそれから 雲雀かな
⑦おらが世や そこからの草も 餅になる
⑧草の葉に かくれんぼする 蛙かな
⑨信濃路や 山の上にも 田植笠
⑩五月雨や 肩など叩く 火吹竹
一茶俳句②
①朝霜や しかも子どもの お花売り
②秋風に 歩いて逃げる 蛍かな
③牛の子の 顔をつんだす 椿かな
④馬の子や 横にくわえし 草の花
⑤梅の木の 心静かに 青葉かな
⑥大蛍 ゆらりゆらりと 通りけり
⑦口あけて 親待つ鳥や 秋の雨
⑧子を負うて 川越す猿や 一しぐれ
⑨さあござれ ここまでござれ 雀の子
⑩渋柿と 鳥も知って 通りけり
一茶俳句③
①じっとして 馬に鼾るる 蛙かな
②すす払い 藪の雀の 寝所まで
③大仏の 鼻から出たる つばめかな
④茸がりの から手でもどる 騒ぎかな
⑤茶の花に かくれんぼする 雀かな
⑥手に足に おきどころなき 暑さかな
⑦ともかくも あなたまかせの 年の暮れ
⑧菜の花や かすみの裾に 少しずつ
⑨寝た犬に ふわとかぶさる 一葉かな
⑩猫の子の ちょいと押える 木の葉かな
一茶俳句④
①このように枯れてもさわぐ すすきかな
②雀の子 そこのけそこのけ 御馬が通る
③焚くほどは 風がくれたる 落葉かな
④たのもしや てんつるてんの 初蛤
⑤露の世は 露の世ながら さりながら
⑥年とえば 片手出す子や 衣更え
⑦団栗の 寝んねんころり ころりかな
⑧投げ出した 足の先なり 雲の峰
⑨寝返りを するぞそこのけ きりぎりす
⑩のどけさや 浅間のけぶり 昼の月
一茶俳句⑤
①這え笑え 二つになるぞ 今朝からは
②はなやかに 朝日のかかる 野菊かな
③春雨や 猫に踊りを 教える子
④蕗の葉に ぽんと穴あく 暑さかな
⑤ふるさとや 餅につき込む 春の雪
⑥三日月や ふわりと梅に うぐいすが
⑦めでたさも 中位なり おらが春
⑧明月や 善に這いよる 子があれば
⑨やせ蛙 まけるな一茶 これにあり
⑩わんぱくや 縛られながら 呼ぶ蛍
一茶俳句⑥
①初雪や 一二三四 五六人
②春風や 牛に引かれて 善光寺
③母馬が 番して飲ます 清水かな
④蕗の葉に 飛んでひっくり 蛙かな
⑤松蔭や ござ一枚の 夏座敷
⑥紫の 袖にちりけり 春の雪
⑦名月を 取ってくれろと 泣く子かな
⑧雪とける とけると鳩の 鳴く木かな
⑨よし切りや 一本竹の てっぺんに
⑩我ときて 遊べや親の ない雀
一茶俳句⑦
①雪とけて 村いっぱいの 子どもかな
②衰えや 花を折るにも 口曲げる
③裏門の ひとりでにあく 日永かな
④足元へ いつきたりしよ 蝸牛
⑤せみ鳴くや つくづく赤い 風車
⑥大の字に 寝て涼しさよ 淋しさよ
⑦涼しさに ぶらぶらさがる 毛虫かな
⑧石仏 誰が持たせし 草の花
⑨仰のけに 落ちて鳴きけり 秋の蝉
⑩大根引き 大根で道を 教えけり
一茶俳句⑧
①あれ梅と いう間に曲がる 小舟かな

②鳴く雲雀 人の顔から 日の暮るる
③やれ打つな 蝿が手をすり 足をする
④青梅に 手をかけて寝る 蛙かな
⑤蟻の列 雲の峰より つづきけん
⑥夏山や 一足ずつに 海見ゆる
⑦昼飯を ぶらさげている かがしかな
⑧うつくしや 障子の穴の 天の川
⑨淋しさに 飯を食うなり 秋の風
⑩遠方や 枯野の小家の 灯の見ゆる
一茶俳句⑨
①これがまあ ついの栖か 雪五尺
②初雪や 今行く里の 見えて降る
③つく羽根を 犬がくわえて 参りけり
④夜の雪 黙って通る 人もあり
⑤日の暮れに 凧の揃うや 町の空
⑥暑き夜や 子に踏ませたる 足のうら
⑦雪ちらり ちらり見事な 月夜かな
⑧むさし野や 水溜りの 富士の山
⑨梅咲けど 鶯なけど 一人かな
⑩鶯や ちょっと来るにも 親子連れ
一茶俳句⑩
①猫の子の くるくる舞いや 散る木の葉

②うまそうな 雪がふうわり ふわりかな
③次の間の 灯で膳につく 寒さかな
④日本は 這入口から 桜かな
⑤秋の夜や 窓の小穴が 笛を吹く
⑥ゆうぜんと して山を見る 蛙かな
⑦桐の木や てきぱき散って つんと立て
⑧木曽山に 流れ入りけり 天の川
⑨庭の蝶 子が這えばとび はえばとぶ
⑩柿の木で あえと答える 小僧かな
春の俳句①

①古池や かえる飛び込む 水の音    松尾芭蕉
②鶯や 餅に糞する 縁の先       松尾芭蕉
③四方より 花吹き入れて におの海   松尾芭蕉
④よく見れば なずな花咲く 垣根かな  松尾芭蕉
⑤山路きて なにやらゆかし すみれ草  松尾芭蕉
⑥行く春や 鳥啼き魚の 目は泪     松尾芭蕉
⑦春雨や 蜂の巣つたう 屋根のもり   松尾芭蕉
⑧春雨や ものがたりゆく 蓑と傘    与謝蕪村
⑨なの花や 昼ひとしきり 海の音    与謝蕪村
⑩凧のぼり きのうの空の ありどころ  与謝蕪村
春の俳句②

①春の海 ひねもすのたり のたりかな  与謝蕪村
②椿落ちて きのうの雨を こぼしけり  与謝蕪村
③雀の子 そこのけそこのけ 御馬が通る 小林一茶
④やせ蛙 まけるな一茶 これにあり   小林一茶
⑤雪とけて 村いっぱいの 子どもかな  小林一茶
⑥あれ梅と いう間に曲がる 小舟かな  小林一茶
⑦衰えや 花を折るにも 口曲げる    小林一茶
⑧我ときて 遊べや親の ない雀     小林一茶
⑨鳴く雲雀 人の顔から 日の暮るる   小林一茶
⑩裏門の ひとりでにあく 日永かな   小林一茶
夏の俳句①

①おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな 松尾芭蕉
②一つ脱いで 後に負いぬ 衣がえ    松尾芭蕉
③夏草や 兵どもが 夢の跡       松尾芭蕉
④草の葉を 落つるより飛ぶ 蛍かな   松尾芭蕉
⑤五月雨を あつめて早し 最上川    松尾芭蕉
⑥夕だちや 草葉をつかむ むらすずめ  与謝蕪村
⑦卯の花の こぼるる蕗の 広葉かな   与謝蕪村
⑧花いばら 故郷の道に 似たるかな   与謝蕪村
⑨夏河を 越すうれしさよ 手にぞうり  与謝蕪村
⑩牡丹散って 打ち重なりぬ 二三片   与謝蕪村
夏の俳句②

①蚊屋の内に ほたる放して ああ楽や  与謝蕪村
②鮎くれて よらで過ぎゆく 夜半の門  与謝蕪村
③さみだれや 大河を前に 家二軒    与謝蕪村
④やれ打つな 蝿が手をすり 足をする  小林一茶
⑤足元へ いつきたりしよ 蝸牛     小林一茶
⑥青梅に 手をかけて寝る 蛙かな    小林一茶
⑦せみ鳴くや つくづく赤い 風車    小林一茶
⑧蟻の列 雲の峰より つづきけん    小林一茶
⑨大の字に 寝て涼しさよ 淋しさよ   小林一茶
⑩夏山や 一足ずつに 海見ゆる     小林一茶

秋の俳句①

①名月や 池をめぐりて 夜もすがら   松尾芭蕉
②海士の屋は 小海老にまじる いとどかな 松尾芭蕉
③物いえば 唇寒し 秋の風       松尾芭蕉
④月はやし 梢は雨を 持ちながら    松尾芭蕉
⑤秋深き 隣は何を する人ぞ      松尾芭蕉
⑥あらうみや 佐渡に横たう 天の川   松尾芭蕉
⑦秋の雲 ちぎれちぎれて なくなりぬ  内藤鳴雪
⑧小鳥来る 音うれしさよ 板びさし   与謝蕪村
⑨温泉の底に 我が足見ゆる 今朝の秋  与謝蕪村
⑩四五人に 月落ちかかる おどりかな  与謝蕪村
秋の俳句②

①門を出れば 我も行く人 秋のくれ   与謝蕪村
②昼飯を ぶらさげている かがしかな  小林一茶
③石仏 誰が持たせし 草の花      小林一茶
④うつくしや 障子の穴の 天の川    小林一茶
⑤仰のけに 落ちて鳴きけり 秋の蝉   小林一茶
⑥淋しさに 飯を食うなり 秋の風    小林一茶
⑦やわらかに 人分けゆくや 勝角力   高井几董
⑧首あげて 折り折り見るや 庭の萩   正岡子規
⑨柿くえば 鐘がなるなり 法隆寺    正岡子規
⑩赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり   正岡子規
冬の俳句①

①旅に病んで 夢は枯れ野を かけめぐる 松尾芭蕉
②初しぐれ 猿も小蓑を ほしげなり   松尾芭蕉
③塩鯛の 歯ぐきも寒し 魚の店     松尾芭蕉
④初雪や 水仙の葉の たわむまで    松尾芭蕉
⑤海暮れて 鴨の声 ほのかに白し    松尾芭蕉
⑥木枯しや 鐘に小石を 吹きあてる   与謝蕪村
⑦戸に犬の 寝がえる音や 冬ごもり   与謝蕪村
⑧皿をふむ 鼠の音の 寒さかな     与謝蕪村
⑨冬川や ほとけの花の 流れ去る    与謝蕪村
⑩斧入れて 香におどろくや 冬木立   与謝蕪村
冬の俳句②

①雪折れも きこえてくらき 夜なるかな 与謝蕪村
②大根引き 大根で道を 教えけり    小林一茶
③遠方や 枯野の小家の 灯の見ゆる   小林一茶
④これがまあ ついの栖か 雪五尺    小林一茶
⑤猫の子の くるくる舞いや 散る木の葉 小林一茶
⑥初雪や 今行く里の 見えて降る    小林一茶
⑦うまそうな 雪がふうわり ふわりかな 小林一茶
⑧つく羽根を 犬がくわえて 参りけり  小林一茶
⑨次の間の 灯で膳につく 寒さかな   小林一茶
⑩夜の雪 黙って通る 人もあり     小林一茶



ここから先は未編集です