竹原古墳は弥生時代の墳墓群の一つである。
昭和30年(1955)諏訪神社の相撲場を拡張しようと、
墳丘を削ったことによりたまたま発見されたものである。
石室の壁石や石棺に顔料で絵や文様が描かれた
当時では珍しい装飾古墳である。
                                          (すべて若宮町誌による
直径約18m、高さ約5mの円墳です。

石室は複室の横穴式石室で、遺体を

安置する玄室という部屋と、その前

に狭い前室という部屋があります。
奥壁正面の腰石中央部のほぼ120cm四方に、赤色と黒色の顔料で描いている。赤はベンガラ、黒は炭素とされている。左右端に翳(さしば)を描き、下部には左右対称に立ち上がる波形文を配する。これらに囲まれた空間に、上から小型の船、馬に似た怪獣、馬の口を取る人物、大型の船をそれぞれ描き、その左には旗と見られる連続三角文がある。
竹原古墳の絵は中国古代の信仰である四神信仰の現れ、
又は竜媒信仰を表現しているのではないかと言われている。
四神信仰とは、東西南北の四方に動物の形をした神が守っている。
東に青竜、西に白虎、南に朱雀、北に玄武が配されているといいます。
竹原の場合、白虎は描かれていないが、他の三神は描かれている。
竜媒信仰とは、海辺に馬を連れ竜を呼び、竜と馬を結婚させ、
まさに竜のように天でも駆け上るような馬を誕生させるという信仰です。
ここに葬られた人は、立派な馬が生まれ、子孫が繁栄することを祈って
この絵を描かせたのでしょうか。このように竹原古墳は、
中国大陸や朝鮮半島の文化の影響をかなり受けています。
前室絵
南を守る神の朱雀 北を守る神の玄武
左;竹原古墳のある諏訪神社への入り口です。
右;古墳は勝手に見ることも出来なくなりました。
竹原古墳は春には桜の名所でもあります。
一度ぜひ春に訪れてみませんか?