今日の市場 原則として月、火、水、木、日の24:00までに更新

18/02/22(THU) 21:30  N225:21.736円 (-237円 ) 
資産変動額: -45.044円 (-0.09%) 
株現物買い:信用買い:現金(CP):売り:ゴールド = 20.4%:0.0%:65.7%:5.2%:8.7%



 FOMCの議事録では利上げ継続が示唆されていたため長期金利が上昇、 これを受けてDOWなどが下げました。 金利が上がれば円安になるはずですが、 リスク回避のために安全資産である円がいつものように買われました。

 2000年ごろまでは「有事のドル買い」と言われたものです。 何かあったときのリスク回避のために最強の国アメリカの通貨を買っておけ、ということです。 有事には円が売られ安くなりますした。

 では、円安なので株はあがるのでしょうか? それは違います。その頃までは円高(安) → 株高(安) の関係でした。 ですから、有事 → 円安 → 株安 となるのです。

 現在の、有事 → 円高 → 株安 と結果的に同じですが途中が異なります。 このように長い間には常識だと思われていたことでも変わってしまうことがあります。 アメリカの長期金利上昇 → 日本株高 の関係もやがて変わるのでしょうか? (もう変わったのでしょうか?)



 22日現在の騰落レシオは、
東証1部:87%、東証2部:98%、JQS:101%、JQG:92%、マザーズ:91%です。
新高値は83銘柄、新安値は13銘柄です。

 HOLDですが、
・東洋合成(4970)は-9円、
・ズーム(6694)は+65円、
・三社電機(6882)は-18円、
・買Fは下落、
・買Nは下落、
・買Wは下落、
・買Aは下落、
・N225WIN(1357)は+30円、でした。

 N225は寄り底かなと思ってN225WIN(1357)を利益確定。 しかし、その後も弱く暴落が心配でまた買い直しました。 2銘柄を小幅利益確定し、IT関連のAを買いました。 その他はそのままです。





”WATCHING”33銘柄の値動き

三菱UFJフィナンシャル764.6 -4.5

東洋合成工業 1,714 -9
和井田製作所 1,230 -16  
テクノスマート 1,428 -52  
妙徳 484 -1  
東京自働機1,971 +46  
ジーエス・ユアサ599 -1  
ズーム 2,477 +65  
メイコー 1,834 +128  
ユニデン 301 ---  
三社電機製作所 1,752 -18
フェローテック 2,484 -46  

徳倉建設 3,000 ---  
ハピネス・アンド・ディ 1,373 +13  
ブレインパッド 2,531 -58  
セレス 1,787 +5  
ULSグループ 2,326 +31  
ラック 1,378 -34  
カヤック 1,131 -10  
ソレイジア・ファーマ 309 -10  
ラウンドワン 1,837 -8  
日本ラッド 1,105 -8  
エンバイオ 2,200 -55  
あかつき本社 524 -10  
レーサム 1,487 -73  
Denkei 2,050 -40  

ハビックス 1,015 -18  
ケミプロ化成 315 -7  
ヒーハイスト精工 801 +1  
日本タングステン 3,330 -40  
CYBERDYNE 1,626 -37  
タカノ 954 -12  
ウェーブロック 1,497 -10  

18/02/21(WED) 21:30  N225:21.970円 (+45円 ) 
資産変動額: +44.228円 (+0.09%) 
株現物買い:信用買い:現金(CP):売り:ゴールド = 22.6%:0.0%:63.5%:5.1%:8.8%



 円相場に神経質な動きでした。 日中に107.8円まで円安が進むとN225は+200円を超え、 その直後わずか0.15円程度円高になると急速にマイナス圏まで売られました。 引けは少し持ち直しました。 (株価と円、どちらが原因でどちらが結果は不明)

 依然としてどっちに行くのかわからないです。 先週が直近の最安値だった確率は50〜60%でしょうか?



 21日現在の騰落レシオは、
東証1部:87%、東証2部:98%、JQS:100%、JQG:91%、マザーズ:90%です。
新高値は117銘柄、新安値は4銘柄です。

 HOLDですが、
・東洋合成(4970)は+78円、
・ズーム(6694)は+17円、
・三社電機(6882)は-3円、
・買Mは±0円、
・買Fは上昇、
・買Aは下落、
・買Nは下落、
・買Wは上昇、
・N225WIN(1357)は-8円、でした。

 今日はNを買い増し、またWを買いました。 その他はそのままです。



 東洋合成(4970)は昨年500円台から買っています。 その後何度か売り買いをして最後は1.600円台で上に逃げられてしまい、2.000円を超えるのを指を咥えて見ていました。 そして今回の大幅下落では、最安値の1.500円ちょうどで買うことができました。 まったく偶然です。

 東洋合成(4970)は、半導体、液晶、有機ELのフォトリソプロセスで用いる感光材が有力です。 同社は研究開発に熱心で、 特にナノプロセスを含む最先端半導体(DRAM、フラッシュメモリなど)への対応品に競争優位を持っています。 これら最先端品は単価が高い上に、他の化成品と同様に量産が進めば進むほど利益率がよくなってきます。





”WATCHING”33銘柄の値動き

三菱UFJフィナンシャル769.1 -15.5

東洋合成工業 1,723 +78
和井田製作所 1,246 +2  
テクノスマート 1,480 -3  
妙徳 485 ---  
東京自働機1,925 -10  
ジーエス・ユアサ 600 +9  
ズーム 2,412 +17  
メイコー 1,706 +10  
ユニデン 301 +3  
三社電機製作所 1,770 -3
フェローテック 2,530 -2  

徳倉建設 3,000 ---  
ハピネス・アンド・ディ 1,360 +40  
ブレインパッド 2,589 +202  
セレス 1,782 -24  
ULSグループ 2,295 -177  
ラック 1,412 +26  
カヤック 1,141 +16  
ソレイジア・ファーマ 319 +6  
ラウンドワン 1,845 +49  
日本ラッド 1,113 +5  
エンバイオ2,255 -52  
あかつき本社 534 -8  
レーサム 1,560 +59  
Denkei 2,090 +27  

ハビックス 1,033 -5  
ケミプロ化成 322 -4  
ヒーハイスト精工 800 +9  
日本タングステン 3,370 +100  
CYBERDYNE 1,663 -11  
タカノ 966 -2  
ウェーブロック 1,507 +29  

18/02/20(TUE) 21:30  N225:21.925円 (-224円 ) 
資産変動額: +260.995円 (+0.50%) 
株現物買い:信用買い:現金(CP):売り:ゴールド = 19.6%:0.0%:66.4%:5.2%:8.8%



 円安がじりじりと進む中、なぜかN225だけが下落したような1日でした。 反面、小型株は元気で長い陽線を作る銘柄も多く、今日は私にとっては理想的な展開でした。

 昨日の午後、N225が+200円ぐらいの時間帯は+60万以上含み益が増えていました。 しかし、+200円から+400円以上に上がる過程では大型株にお金が吸い取られている感じで、 含み益がじりじりと+40万円弱まで減少して行きました。

 今日はN225が-200円余り下げて、 昨日失った含み益が戻ってきたようです。 さて現在、globexでDOWが-200ドル下げていますが、すごい下げはもう許してください。



 20日現在の騰落レシオは、
東証1部:87%、東証2部:97%、JQS:98%、JQG:90%、マザーズ:87%です。
新高値は106銘柄、新安値は4銘柄です。

 HOLDですが、
・ズーム(6694)は+84円、
・三社電機(6882)は+65円、
・買Mは下落、
・買Fは上昇、
・買Aは下落、
・買Tは上昇、
・買Nは上昇、
・N225WIN(1357)は+30円、でした。

 今日はNの買い増しを行いました。 その他はそのままです。





”WATCHING”33銘柄の値動き

三菱UFJフィナンシャル784.6 -9

東洋合成工業 1,645 +25
和井田製作所 1,244 -14  
テクノスマート 1,483 -37  
妙徳 485 -2  
東京自働機1,935 +3  
ジーエス・ユアサ 591 -2  
ズーム 2,395 +84  
メイコー 1,696 -60  
ユニデン 298 ---  
三社電機製作所 1,773 +65
フェローテック 2,532 +37  

徳倉建設 3,000 +25  
ハピネス・アンド・ディ 1,320 -13  
ブレインパッド 2,387 -173  
セレス 1,806 -24  
ULSグループ 2,472 +89  
ラック 1,386 -25  
カヤック 1,125 +19  
ソレイジア・ファーマ 313 -4  
ラウンドワン 1,796 +13  
日本ラッド 1,108 ---  
エンバイオ2,307 +25  
あかつき本社 542 -3  
レーサム 1,501 +3  
Denkei 2,063 -11  

ハビックス 1,038 -8  
ケミプロ化成 326 -9  
ヒーハイスト精工 791 -9  
日本タングステン 3,270 ---  
CYBERDYNE 1,674 -13  
タカノ 968 +2  
ウェーブロック 1,478 +50  

18/02/19(MON) 21:30  N225:22.149円 (+428円 ) 
資産変動額: +388.921円 (+0.75%) 
株現物買い:信用買い:現金(CP):売り:ゴールド = 18.8%:0.0%:67.3%:5.1%:8.8%



 今日もリバウンドしました。 しかも3日のうち一番大きなリバウンドでした。 円は106円半ばまで下がりましたが、高値からやっと1円下がったところです。 株価急落前からは5円ほどの円高です。

 こうなることが分かっていれば下値でもっと買ったのでしょうが、 まったく分かっていなかったのでしょうがないです。 明日どうなるさえ全然分からないのですから。



 19日現在の騰落レシオは、
東証1部:88%、東証2部:100%、JQS:99%、JQG:90%、マザーズ:88%です。
新高値は100銘柄、新安値は3銘柄です。

 HOLDですが、
・ズーム(6694)は+51円、
・三社電機(6882)は+215円、
・買Mは上昇、
・買Fは上昇、
・買Aは上昇、
・買Tは上昇、
・買Nは上昇、
・N225WIN(1357)は-56円、でした。

 新規にNを買いましたがまだ充分買えていません。 HOLDでは唯一、今回の下げをすでにリカバーしたFを少し買い増しました。 N225WIN(1357)はいったん売って下値で買い戻しました。



 三社電機(6882)が大きくリバウンド、早くも25日線をクリアしました。 ここは昨年9月に685円2.500株から始まって何度か売り買いをしていたのですが、 途中で上に逃げられてしまった銘柄です。 今回の急落のおかげで1.300円台でまた買うことができました。

 同社で注目するべきは電源用アナログ半導体と、電池やFPC、PWBけ電源装置です。 業績が上向きなばかりではなく、EVや電池、新エネルギーに技術的に近いところに位置していること、 それにパナソニックを通じてトヨタGやテスラから「デカくて儲かる」仕事が同社に舞い込むのではないかという思惑があります。





”WATCHING”33銘柄の値動き

三菱UFJフィナンシャル793.6 +17.1

東洋合成工業 1,620 +95
和井田製作所 1,258 +15  
テクノスマート 1,520 +14  
妙徳 487 +20  
東京自働機1,932 +20  
ジーエス・ユアサ 593 +15  
ズーム 2,311 +51  
メイコー 1,756 +83  
ユニデン 298 +14  
三社電機製作所 1,708 +215
フェローテック 2,495 +32  

徳倉建設 2,975 +75  
ハピネス・アンド・ディ 1,333 +27  
ブレインパッド 2,560 +166  
セレス 1,830 +128  
ULSグループ 2,383 +144  
ラック 1,411 +69  
カヤック 1,106 +44  
ソレイジア・ファーマ 317 +14  
ラウンドワン 1,783 +120  
日本ラッド 1,108 +37  
エンバイオ・ 2,282 +27  
あかつき本社 545 +23  
レーサム 1,498 +39  
Denkei 2,074 +41  

ハビックス 1,046 +15  
ケミプロ化成 335 +7  
ヒーハイスト精工 800 +26  
日本タングステン 3,270 +195  
CYBERDYNE 1,687 +19  
タカノ 966 +11  
ウェーブロック 1,428 +20  

18/02/18(SUN) 21:30  N225:21.720円 (+255円 ) 
資産変動額: -69.074円 (-0.13%) 
株現物買い:信用買い:現金(CP):売り:ゴールド = 16.8%:0.0%:69.0%:5.3%:8.9%



 アメリカでは先週金曜日はNASDAQはマイナスでしたがDOWはなんと6連騰です。 これはあまりにも楽観的すぎるのではと思います。 一方、日本株は大型株も小型株も2連騰です。

 しかし、円高の下で株価が戻っていることも事実で、事実は理屈よりも強いのです。 まあ、いつものことながら難しい局面です。 先行きに確信を持つことはできません。

 明日はアメリカが休み中国も春節にはいりました。 明日だけは材料不足の穏やかな動きになると思います。



 16日現在の騰落レシオは、
東証1部:78%、東証2部:96%、JQS:95%、JQG:86%、マザーズ:83%です。
新高値は63銘柄、新安値は22銘柄です。

 HOLDですが、
・ズーム(6694)は-45円、
・買Mは下落、
・買Fは上昇、
・買Aは上昇、
・買Sは上昇、
・買Tは下落、
・N225WIN(1357)は-34円、でした。

 Tを新規買い、Mの株数を少し落としました。 ソニー(6758)のミニマム信用取引は信用口座を維持するためです。 しかし、信用はほとんど使わないので期をみて解除しようと思います。



 

”WATCHING”33銘柄の値動き

三菱UFJフィナンシャル776.5 +3.6

東洋合成工業 1,525 -61
和井田製作所 1,243 -6  
テクノスマート 1,506 -34  
妙徳 467 -15  
東京自働機1,912 +31  
ジーエス・ユアサ578 +5  
ズーム 2,260 -45  
メイコー 1,673 +83  
ユニデン 284 +5  
三社電機製作所 1,493 +18
フェローテック 2,463 -96  

徳倉建設 2,900 ---  
ハピネス・アンド・ディ 1,306 +40  
ブレインパッド 2,394 +244  
セレス 1,702 +172  
ULSグループ 2,239 +226  
ラック 1,342 +87  
カヤック 1,062 +31  
ソレイジア・ファーマ 303 +2  
ラウンドワン 1,663 +28  
日本ラッド 1,071 +21  
エンバイオ2,255 +204  
あかつき本社 522 +12  
レーサム 1,459 -5  
Denkei 2,033 -13  

ハビックス 1,031 +24  
ケミプロ化成 328 -3  
ヒーハイスト精工 774 +34  
日本タングステン 3,075 -95  
CYBERDYNE 1,668 -87  
タカノ 955 +3  
ウェーブロック 1,408 +44  

  過去の分